オーストラリア -Australia-,  旅ログ

②オーストラリアへGO ETAS準備編

オーストラリアの場合、3ヶ月以内の滞在・就学・観光にはETASの申請が必要です。
因みにETAとETASは同じものです。日本では統一してETAS(イータス)と呼ぶみたいで、一方オーストラリアではETA(イータ)と呼ぶから不安になるけど、気にしなくて良いです!

ETASの有効期限

取得後1年間有効です。

パスポートの有効期限が1年未満の場合は、その有効期限日までがETASの有効期限となりますのでご注意下さい。

ETASでの最長滞在期間

入国から最長3ヶ月滞在できます。
ETASがの有効期限の間であれば、何度でも出入国できます。
なので2回目以降の入国であっても、入国日からまた最長3ヶ月滞在できます。

でで。なんか調べていくと、公式HPより安いのがあるのです。。。はて?
普通は代行会社の方が代行手数料が上乗せされて高いはずなのに、公式HPが20ドルに対して、代行会社は500円ぐらいから。むむむ。

というわけで、調べてみると。

オーストラリア政府公式HP(日本語)→申請料無料、オンラインシステム利用料20ドル

ETAS申請代行会社→申請費無料、オンラインシステム利用料それぞれ異なる(500円~)

そう。申請料自体は無料で、要はWebサイトの管理会社へ支払うシステム利用料を請求されているというワケ。で、この利用料に対しては各社が自由に設定できるみたいで、これが値段が違うカラクリのようです。

とは言え、安さにだけ目を奪われてトラブルに巻き込まれてしまうと、旅の前にぐったりしちゃうので、ちゃんと見極めて自己判断で選んだほうが良いです。

ちなみに利用したのはココ↓↓
View Grant 5名以上で申し込んだり、渡航1ヶ月以上前だと500円以下に…‼
全然問題なくスムーズに取得できました♪口コミもよさそうですね^^
日本語で申請できますので、英語はちょっと苦手だという方も安心です。

価格は出発までの日数で変わるので、早めに申請しましょう。

View Grantで申請する場合の価格表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA