パラオ -Palau-,  旅ログ

②パラオのホテル

パラオのホテルは大きく3エリア。
・バベルダオブ島
・コロール島
・マラカル島&アラカベサン島

バベルダオブ島は空港がある島で、ミクロネシアで2番目に大きい島だそうです。
ただほとんどが手つかずの自然と遺跡が点在していて宿泊エリアとしては向いていません。
深夜便着の方が到着時に1泊だけこの島のホテルを利用といったパターンが多いみたい。
『アイライ・ウォーター・パラダイス ホテル&スパ』が送迎ありとなっているので
空港からタクシーをひろえないパラオでは確かに深夜便組に重宝されそう。

そしてパラオの中心地で繁華街が多くあるコロール島。
今回私はコロール島の『パラウホテル』を利用しました。
徒歩圏内にお店があって車の通りも多いので一人でも歩き回りやすかったです☆
しかも道路挟んで向かい側がスーパー!!ATMもあるし立地最高でした。

最後にマラカル島&アラカベサン島。
リゾートホテルが多い島です。買い出しや外食するには、公共交通手段があまりないので
ホテルからタクシーを呼ぶ必要があります。夕方~夜の間だけコロール島を行き来するバスがあるのでそれを利用することも出来ますが、基本的にホテルでゆっくりしたい方向けかなと思います。
各ホテルや送迎付きのアクティビティだけ利用する方にも良いと思います。

パラウホテル -PALAU HOTEL-

今回私が利用したホテルがPALAU HOTELです。
”パラオホテル”で検索すると出てこないんですよね。。”パラウホテル”でようやく出てきます。
台湾系のホテルのようで、英語と中国語が通じます。
元々ダイバーご用達の宿とあったので、ココを選んだのですがウェットや機材を干すバルコニーがなかったことだけが残念。。

2年前ぐらいに改装したようで、とてもきれいな内装です。入口も可愛い♡

入口
おしゃれなロビー。毎朝ここで送迎待ちしてました。

ネットで調べたとき、宿泊料金はホテルで支払いだと現金のみとなっていたのでネット予約時にクレジットカードで全額支払いましたが、フロントにクレジットカードのマークがありました。
対応可能になったのかな?

フロントのお姉さんはとってもフレンドリー。
笑顔でフロント横の飲み物は24時間フリーだと言うことと、朝食は無料でブッフェスタイルだと説明してくれました。
飲み物はホットコーヒー、紅茶のティーパックとポット、ジュース(めちゃ甘っ!)が常設。
いつでも温かいコーヒーを飲めるってとこがほんと嬉しいポイント!!

エレベータはなく、男性スタッフがスーツケースを部屋まで運んでくれました。

十分きれい

お部屋は3F。明るいブルーを基調としていてかわいい~!
冷蔵庫とマグカップ&コースターと最低限のアメニティ。あとハンガーラック。
クーラーもしっかり効いていて問題なし!
(使わなかったので最終日まで気づかなかったんだけど、アメニティは空箱だった。笑)

Wi-Fiも部屋まで使えて、たまに弱くなったりしてたけどだいたい使えました。
テレビはNHKが入っていなかったので、紅白や除夜の鐘をTVで観たい方は他のホテルが良いかも。

ちょうどセール中だったのもあるけれど、年末年始で1泊8000円ぐらいだったので(しかも朝食付)私としてはコスパ良しで満足でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA